ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

任天堂オブアメリカの前社長レジー・フィルス・エイム氏が、『大乱闘スマッシュブラザーズUltimate for Wii U / 3DS』に登場するMiiファイターの印象的なリバートレイラーについて語る



任天堂オブアメリカの前社長レジー・フィルス・エイム氏が、『大乱闘スマッシュブラザーズUltimate for Wii U / 3DS』に登場するMiiファイターの印象的なリバートレイラーについて語るとしていて、岩田さんとバトルする内容でしたね。


任天堂オブアメリカの前社長レジー・フィルス・エイム氏が、『大乱闘スマッシュブラザーズUltimate for Wii U / 3DS』に登場するMiiファイターの印象的なリバートレイラーについて語っています。

任天堂のオンラインプレゼンテーションでは、長年にわたって多くの特別な瞬間がありましたが、特にこの瞬間は際立っていました。レジーが任天堂の故・岩田聡社長と、パンチやヘッドバットを交えてバトルを繰り広げるのです。『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U / 3DS』では、自分の作ったMiiキャラクターをファイターとして使えることをファンに紹介する楽しい映像でした。

キット&クリスタの新エピソードで、レジー氏はトレーラーの内幕を明かしました。アクションの一部にはスタントダブルが使用されており、これは日本で行われたものですが、レジーと同じくらいの身長の人を見つけるのに苦労したそうで、『人を大きく見せるために斜めから撮影する必要があった』ことが判明しました。また、レジー氏と岩田氏は別々に撮影していたこともわかった。レジー氏は北米に、岩田氏は京都にいたのだ。

レジー氏はこう言った。

『イエスでありノーでもある。だから、ファイターは僕だし、スピードアップしたアクティビティも僕なんだ。でも、スタントダブルもいた。面白いのは、スタントダブルの演技のいくつかは実際に日本で撮影されたもので、その人を大きく見せるために角度をつけて撮影する必要があったんです。そのため、スタントができる180cmの人が見つからず、文字通り後から知らされたんです。映像を見ていただくとわかるのですが、身長を大きく見せるために、低い位置から外に向かってアングルで撮影しています。顔のアップは、すべて私か岩田氏が担当しました。』

もうひとつの裏話は、それぞれのシーンが独立して撮影されていることです。私の撮影はここパシフィック・ノースウエストで、岩田さんの撮影は京都で行われたと思いますが、それらがすべて一緒になりました。今見てもわからないくらいです。


関連リンク





プロモーションを作ったエピソードを語っていて、岩田さんとレジー氏のやり取りを説明していますね。身長が合わなかったので、いろいろと苦労したみたいですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment