ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Call of Duty: Modern Warfare 2のベータ版プレイヤーは、本作の最初のベータウィークエンドで利用可能だったものより多くのマップとゲームモードにアクセスできるとInfinity Wardは発表へ



Call of Duty: Modern Warfare 2のベータ版プレイヤーは、本作の最初のベータウィークエンドで利用可能だったものより多くのマップとゲームモードにアクセスできるとInfinity Wardは発表へとしていて、より多くのコンテンツに触れられますね。


Call of Duty: Modern Warfare 2のベータ版プレイヤーは、本作の最初のベータウィークエンドで利用可能だったものより多くのマップとゲームモードにアクセスできるとInfinity Wardは発表しています。『Call of Duty: Modern Warfare 2』の最初のベータウィークエンドは1週間前に開催され、PlayStationゲーマーに限定されたものでした。そして今回、PCとXboxのCall of Dutyファンに向けて、第2回目のベータウィークエンドが開始されました。Infinity Wardはこの機会を利用して、Modern Warfare 2に含まれる内容をさらに深く掘り下げて紹介しています。

Call of Duty: Modern Warfare 2のベータの最初の週末は、驚くほど簡潔なものでした。当初提供されたのは、農場18、メルカード・ラス・アルマス、ブリーンバーグ・ホテルでのチームデスマッチ、ドミネーション、プリズナーレスキュー、ノックアウトの4プレイリストと3マップだけでした。週末が終わる頃には、サーチ&デストロイと3人称視点という2つのプレイリストが追加されていました。なお、ベータの最初の週末には、他のマップは追加されていない。

Call of Duty: Modern Warfare 2の第2回ベータ版の週末を始めるにあたり、プレイヤーは7つのプレイリストと6種類のマップを選択できるようになりましたが、これには裏があります。新しいゲームモードは、Call of Dutyの車両を使った32対32のモードであるGround War、Ground Warマップに20人のプレイヤーと20人のAIの2チームが登場するInvasion、そして3人称視点のMoshpitがあります。新マップは『Sariff Bay』と『Sa'id』の2つです。この2つの新マップはGround War用というのがミソです。

つまり、『Call of Duty: Modern Warfare 2』ベータ2週目に追加されたものは、ほぼすべてGround WarまたはGround Warに隣接したマップということになります。何十人ものプレイヤーとの大規模な対戦に興味がないコールオブデューティファンのために、ベータ1週目と同じ6vs6のマルチプレイコンテンツが用意されています。

週末になれば、Infinity Wardがさらにコンテンツを追加する可能性もあります。最初の週末、Infinity Wardはベータ期間中、毎日利用可能なコンテンツを拡大しました。ベータが始まって1日、2週目が始まってからコンテンツは追加されていませんが、土曜日にオープンベータが始まれば、それも変わってくるかもしれません。

Call of Dutyファンにとって、この週末はビッグな週末だ。毎年リリースされるCall of Dutyのハイプは、ベータ期間中ほど盛り上がることはない。この週末にプレイする人の多くは、『Call of Duty: Modern Warfare 2』を購入するかどうかすでに決めているようだが、多くの人が一度にプレイする魅力は特別なものだ。追加コンテンツがアンロックされれば、さらに良いものになります。

『Call of Duty: Modern Warfare 2』は、PC、PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X/Sで10月28日に発売されます。


関連リンク



ベータ版は製品版を買うかどうかの審判をするようなもので、たくさんのアクセスが集まり、そして、盛り上がりますが、どれだけの人がいい反応を示すかですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment