ゲーム情報&ブログ2.0

http://gamecolumn.blog.fc2.com/ に変更されています。

スポンサードリンク


【コラム】XBOX360の現状と今後はどうすればいいの?という記事。




最近XBOX360の値下げ効果が微量程度でている昨今ですが
PS3新型が発売されたときと比べてその売れ行きの違いから先行きがいまだ不透明。

日本では次の弾としてラストレムナントが控えていますが360の現状を占おう的自記事。



まず今まで日本のオリジナル大作が予想以上に発売されてはいるものの
慢性的なソフト不足は相変わらずでゲームマニアしかわからない海外タイトルを
しっかりとアピールできるスタンスを確立できてない。


~以下つづきで!

よく自分が思っていることといえばゲーム好き=海外洋画好きというユーザー層を
掘り起こしていない点。


洋画的な作りこみをした洋ゲーは数多くリリースされているのに
それをきちんとしたスタンスでシリーズ化できれば固定客がつきそうなもの。

次に大作としてリリースされたソフトの売れ行きが悪い点。
ブルードラゴンこそ30万本近くセールスしたけど北米、欧州を含めて100万本程度では悲しい。
世界的に人気のある鳥山明氏の存在を大きくアピールする必要があったのでは?と
思いますね。それこそ「ドラゴンボールの鳥山明プレゼンツ」という形でもよかったかも。

XBOX360が多分先行発売となっているテイルズも北米で爆死しているのも
日本から世界へという流れがうまくいかないという暗雲が見え隠れ。

そういう点ではカプコンのデットライジングやロストプラネットなどの成功は
数少ない成功例となっているわけで今度登場する北米からの逆輸入版となるバイオミックコマンドーも
日本でもある程度成功しそうな雰囲気。

日本の場合はゲーム=暇つぶしというのがある程度定着してしまった点も大きいね。
これはPS2時代がA級戦犯的で続編やら慢性的な作品ばかりを出したおかげでその世代が
ゲーム=ひまつぶしというスタンスを決めてしまった感。

逆にXBOX360を買うユーザーはゲームが好きだというコアな人が大半。
受け手に回らず自分から能動的に情報を探り、海外ゲームに手を出す人など
根本的な部分で敷地が高く距離感が壁となっていますね(最初の内容とかぶるけど

プラットフォームを担うのだからそこでユーザーを開拓しなければならないという意思が
XBOX陣営からは伝わってこない点
が今の現状を生んでいそう。

XBOXライブやいい作品をそろえれば自然とユーザーが集まる時代では
もはや日本では幻影でしかないということを深く認識しないと今以上の飛躍は期待できない
でしょうね。



・・・ソフトのラインナップなどはかつてのドリームキャストと比べても
完全に上回るほどの作品があつまっているのに(テイルズやスクエニのタイトルなんて夢物語だった
セールスが日本はいいとしても北米ともに不発に終わっているのが
完全に行き詰ってしまう可能性もありますね。

セガのように割り切って「海外向けのソフトは海外の人が作る」というスタンスも
最近は管理が行き届いていないのかくそゲーが連発しているしその橋渡しをきちんとできる
仕組みや構成ができないと難しいだろうしね。

抜本的な改革をしないで惰性的な次の一手を続けている限り
日本でドラクエでもでない限り飛躍は不可能
でしょうね。

逆をいえば海外のユーザーはコアユーザーが多く能動的で
ゲームのよしあしをしっかりと見定めて購入する人が多いので
いい作品さえ作れば売れるという(あくまでも趣向性が北米や欧州人にあってないとダメ
市場が360にはあるんですけどね。

あとドリームキャストとかぶるのはギャルゲーが売れるという点。
マイナーな市場ほどコア化してその手のユーザーが増える傾向があるからね。

プラットフォーム全体のことを考えるとかなりマイナスイメージが付きまとうんだけど
いまのところアイドルマスター程度しかないから目だっていないからいいけどね。

ハードのヒートシンクの問題もマイナーハードだったから救われただけで
これがwiiだったら一大事件になるからね。北米企業、しかも独占欲が強くて
傲慢なマイクロソフト(北米の)というのも日本人的には問題点
になるかもね。


~今後の施策

・・・とりあえず日本向けXBOX360では海外市場をエサにしてソフトをそろえ続けることを
基本柱としてできるだけかき集めることをするのが大事。

PS3も海外ではソフトもある程度売れるけどXBOX360のほうが下手をしたら
倍のセールスが期待できる場合があるからね。
さらにPS3はソフト製作に難があるので思い切ってマルチにしないで発売する
メーカーなんかも今以上に増えてくればいいんだけどね。

次に最初にあげた洋ゲーを任天堂のように~シリーズとかして
継続してローカライズして定番化させること。


単なるマニアゲーではないすごさや作りこみ、楽しさがあるのを
敬遠しているユーザーを掘り起こす必要があるかと。

あとはCMの質を変えること。最近出ているラストレムナントのようにスクエニ×XBOX360
というようなスタンスはいい感じ。利用できるネバーリューはコバンザメでもいいから利用すべし

最後はユーザー拡大をすること。
ゲームは面白いものだというのをwiiとは違う形でアピールする必要がある点。
「従来の続編もPS2とは違う圧倒的なグラフィックで」以外にも
XBOXライブなどをどうやって紹介するかなどを任天堂から見習うべき。


・・・wiiが最近本体セールス、ソフトセールスともに下がってきているように
ゲームのあり方そのものが変わりつつあるのと同時に「ゲーム」というのは
ボードゲーム、野球などのスポーツ、ビリヤードなど多種多様なものがあり
それらコンテンツが廃れない限りTVゲームは生き残れると思ってます。

携帯ゲーム機が日本ではゲームの主役になっていますが
その携帯ゲーム機では味わえない楽しさが据え置き機にはあるんだぞというのを
しっかりと生み出してほしいですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

1 Comments

ゲーム情報さん  

A級戦犯の使い方が間違ってる件

2008/11/11 (Tue) 20:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサードリンク



スポンサードリンク