ゲーム情報&ブログ2.0

http://gamecolumn.blog.fc2.com/ に変更されています。

スポンサードリンク


『ゲーム人口の拡大をwii時代に唱えていた中、ニンテンドースイッチではそれが再び現実のものとなるか?というコラム記事』が掲載中。

ゲーム人口の拡大をwii時代に唱えていた中、ニンテンドースイッチではそれが再び現実のものとなるか?というコラム記事が掲載中。コンセプトは携帯機にも近く、据え置き機での可能性も見出せますね。


ゲーム人口の拡大として展開された、DS、及びwiiは爆発的な成功を収め、特にカジュアルゲーマー層の掘り起こしに成功、wiiスポーツ、wiifit、ニュースーパーマリオブラザーズ、脳トレなど、社会現象にまでなるほど人気が得た中で、その後一転、3DSではある程度確保が出来たものの、当時の社会現象にまでは及ばず、主に低年齢層向けハードとして定着して、wiiUではwiiのコンセプトを引きついで、ネーミングも継承も通じずに惨敗に終わり、ゲーム人口の拡大で得たユーザー層はスマホに移行してしまい、それらユーザーを掘り起こす意味で任天堂がスマホに直接的に参入、スーパーマリオランでは記録的なDL数をたたき出し、ファイアーエムブレムでは磐石な支持層の支えがあって安定していて、任天堂狙いでもある、そこから3DSやニンテンドースイッチに向いて欲しいというコンセプトが果たして本物になるか?が注目されるところです。そういう意味でもニンテンドースイッチでは、幅広い世代から支持を得なければならず、ゲーム人口の拡大を訴えて成功したwiiバブルではない、本物が問われる部分がありそうで、スイッチが特に日本国内でシェアNO1なるかがまず鍵であって、PS4はどうしてもPSユーザーとハードコアゲーマーのハードという位置づけであるため、ドラクエ11でどれだけの層が反応するかはとても興味深いところです。スイッチもゲームそのものでアピールしていく必要があることを任天堂は痛感しているはずなので、まずは任天堂ブランドを磐石にしておく必要性という意味ではゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの存在はものすごく大きく、初期の需要をまかなえるだけの潜在性があって、また、次の弾となるマリオカート8デラックスも好調に推移しているので、任天堂の思惑以上には推移しているようです。しかし、スマホユーザーを引き込める事が本当に出来るかどうかが本当に問われそうで、相手は基本無料ゲーでいつでも手軽にプレイ出来るスマホという相性のよさがあり、ゲームの魅力でしか輝きを取り戻す事はできないので、少なくとも年内で、一定の成果を出して、スイッチは楽しい存在だという空気を作ることが大切だと思います。wiiUではそれが欠けており、wiiの上位機種的な感覚で、ソフトも次々と惨敗していたので、何か面白いことをやっているみたいだという雰囲気は今の時代とても大切で、閉鎖感のある家庭用ゲーム機の殻を打ち破る起爆剤になって欲しいところで、ゲーム機ってこうあるべきという論調を否定したところから大ヒットしたwiiのように、固定観念にとらわれず、しかし、今までゲームに興味はあったけどで止まっていたユーザーを再び引き戻し、結果ゲーム人口の拡大時代の世代を取り戻せるか?が最終的な普及の伸びしろになりそうで、任天堂の手腕が試されると思います。

 [ゲーム]任天堂関連記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク



スポンサードリンク