ゲーム情報&ブログ2.0

http://gamecolumn.blog.fc2.com/ に変更されています。

スポンサードリンク


『神谷氏がプラチナゲームズ10周年について言及している記事』が掲載中。

神谷氏がプラチナゲームズ10周年について言及している記事が掲載中。10周年記念パーティーが開かれた際に伺ったものになっていて、今までとこれからについて触れていそうですね。






――10周年を迎えた、いまのお気持ちを教えてください。
神谷 10周年を迎えたんですけど、僕、まだ2作品しか作っていないんですよ。『ベヨネッタ』と『The Wonderful 101(ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン)』と。「これはペースを上げなあかんな」と思いました(笑)。『ベヨネッタ』と『101』のあいだに、開発がうまくいかなかったタイトルがありまして。時間を使ってしまったな、と。

――10年という時間は、長いと感じましたか、それとも短いと感じましたか?
神谷 あっという間でしたね。最近、ユーザーの方から「今年、『大神』が10周年ですね」と言われて、「えっ、もうそんなに経つの!?」と思ったり。何年か前には「『ビューティフル ジョー』が10周年ですね」と言われて、それも驚きましたね。3ヵ月くらい前にアップした気がするんだけどなあ、って。本当に時間が経つのが早くて。

――では、今後の抱負を教えていただけますか?
神谷 2作品作って、10年か……と最近考えることがあって。僕たちは、あまり“何年”という区切りで考えないので、ひとつ作って、つぎの作品を考えて、また作って……とやっているうちに時間が経っちゃった。僕ももう45歳ですし、仕事をしていられるあいだに、あと何本作れるんだろう? と。これまで僕は、「つぎのゲームのアイデアはすぐに湧くんですか?」と聞かれたとき、よく“歯磨き粉のチューブ”になぞらえて話をしてきたんです。1回終わったら、チューブを机の角でギューっと押して、「ああ、もう1回分出た」という感じで作ってきたので、やりたいことのストックはなかったのですが、最近は「あれもやりたいな、これもやりたいな」というアイデアがあるんですよ。

――実現したいアイデアが続々湧いてくる、と。
神谷 あるんですけど、我々は単なるデベロッパーなので、お金をいただかないことには開発できないので、「お金がないなあ……」と(笑)。この記事を見た方、お金をください(笑)。アイデアはありますので。僕たちは、ゲームキッズたちに対して、新鮮な驚きと喜びを与えるのが使命だと思っているんですね。その期待に、これからも応えていきたいな、と。



・・・と10年で2タイトルしか作っていないとしていて、途中でキャンセルになった作品もあっただけに、それが悔いを残すものになっているみたいですね。まだやりたいアイディアがたくさんあるとしているので、今後の展開には期待が出来そうですね。


関連リンク

 [ゲーム]ゲーム情報記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク



スポンサードリンク