ゲーム情報&ブログ2.0

http://gamecolumn.blog.fc2.com/ に変更されています。

スポンサードリンク


『ゼルダに似ていると話題になっているPS4『Yonder: The Cloud Catcher Chronicles』プレビュー記事』が掲載中。

ゼルダに似ていると話題になっているPS4『Yonder: The Cloud Catcher Chronicles』プレビュー記事が掲載中。グラフィックの雰囲気やテイストもゼルダ風味で、どんな作品なのか?






『Yonder: The Cloud Catcher Chronicles』はとても美しいゲームだとした上で、Gemeaの広大な島で難破船を経験した後、若者の旅に従い、8つの島において、それぞれの環境、野生生物、生態系があり、砂浜から雪の多い山々まで、緑豊かな気候にもかかわらず、イスルとその優しい住人は、邪悪な紫色の霧であるMurkに引き継がれ、美しい島と住民を救うために、8つの環境を冒険しなければならず、住人と協力して、無限の美しさをたどることで、Gemeaの秘密を明らかにするものであって、『Yonder: The Cloud Catcher Chronicles』はヒーローズジャーニーの考えに基いていて、開発を担当した『Prideful Sloth』は自分自身の発見であり、冒険とつながることが出来て、島の周りを歩き始めると、キャラクターのバックストーリーと彼/彼女が最初にGemeaの経緯について更に学ぶことになり、探検に加えて、キャラクターが怪我することなく高いところから落下したら自動的に傘を引き出しゆっくりと落下していくもので、このゲームはゼルダに雰囲気が似ているが、間違いなく独自のゲームとして際立っていて、私はこのゲームが大好きで、オープンワールドゲーのファンでもあるので、ゲームには境界線がなく、間違いなく私はこのゲームをプレイする事を計画しています。


・・・とゼルダに似ているがオリジナリティがたっぷりあるとしていますね。ゲームの魅力が感じられるものになっており、意欲作といえるものになりそうですよね。


関連リンク

 [ゲーム]ソニー関連記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサードリンク



スポンサードリンク